消費者金融の3つの審査基準を知ろう!

年収

まずカードローンの申込をするといくらまで借りることができるかという限度枠が決められます。これは業者が決めている限度額とはことなり、各債務者にいくらまでなら貸せるかという金額です。この審査を決める一つの要素は年収です。収入の高低や有無は審査に大きく左右します。貸付側は当人の返済能力を見たいわけなのでどれだけの収入があるかということを知りたいと思っています。無収入だったり、最低限の生活をするだけの収入しかないときには審査に通りません。その人に財産がある場合はどうですか?財産があったとしても返済に必要な原資となる収入がないのなら貸し倒れになる可能性も高くなるので、危険を背負って借入枠を広げることはないでしょう。審査の一つのラインとなるのが年収200万円です。この水準以下だと返済財源がないと判断され審査に落ちる場合が多いようです。ですが判断基準はそれだけでないので、200万円以下でも通る人もいれば300万円あっても通らない人もいます。

借金の総額

他社からの借金がある場合にはそれだけ返済資源が減るわけですから、審査が厳しくなります。さらに借金がなくても他社の金融カードを持っているだけで限度額が減る時もあります。年収の枠を各金融会社の数で割った計算で出すのです。

滞納がないか

借入をすると、原則毎月返済をすることになります。返済日というのは契約の時に決まっていますが、一般的に2か月以上滞納すると履歴が傷がつくといわれています。例えば口座引き落としにしていて、口座に残がなく引き落とされなかったというだけでも履歴に残ってしまいます。そしてこれはカードローンだけでなく、携帯代や家賃すべての返済においても延滞という記録が残るようです。この記録がどこまで審査に影響するかは各金融会社によって基準があるのでわかりませんが、これによって審査が通らなくなることもあります。
審査が甘い借りやすい消費者金融!選び方3つのポイントはこちら

— 2017年4月26日