不動産売却時の税金はどれくらいかかる?

不動産売却時の税金は、譲渡所得となり、所有していた期間によって税額は変わってきます。所有期間が5年以下なら、短期譲渡所得で、所得税30%と住民税9%が課せられます。5年以上であれば所得税15%と住民税5%となります。不動産売却時の税金は、短期で譲渡した場合は、長期で譲渡した時より2倍近く税金が取られてしまうので、期間をずらして売却するとかして、税金出さない方法を考えなければなりません。
課税譲渡所得は収用の場合は最高で5.000万円の特別控除を受けられます。課税譲渡所得の金額の出し方は、譲渡価格−(取得費+譲渡費用)-特別控除額(一定の要件あり)=課税譲渡所得金額となります。譲渡所得は、分離課税で他の所得と区分した計算になり、税金の申告は確定申告で、他の所得と一緒に行うことになります。分離課税は他の所得と損益通算はできません。
マイホームを売却した場合に、譲渡益があるときは、短期譲渡所得、長期譲渡所得にかかわらず、最高で3.000万円の特別控除を受けることができます。所有期間が10年を超えているマイホームを売却したときは、特別控除に加えて、譲渡所得が6.000万円までは、所得税10%、住民税4%となり、6.000万円を超える部分は、所得税15%、住民税5%と軽減税率の特例を受けることができます。
マイホームを売却して譲渡損失が出た場合は、一定の要件を満たせば、損益通算、繰越控除が受けられます。

— 2016年8月30日