カードローンを借りやすさで比較するなら

一口にカードローンの借りやすさといっても人によっても、置かれている状況によっても違ってきます。
一刻も早くお金が手元になければいけない状況の場合は融資スピードの速い金融機関が借りやすいということになりますし、利息が膨れ上がって返済していくことが心配という人の場合は、金利が安い金融機関が借りやすいということになります。
融資スピードの速さで比較する場合は、後発の銀行などが提供するカードローンよりも実績が長くサービス競争に晒され続けている大手の消費者金融会社の方が融資スピードを早くするための工夫をしています。
例えば審査に時間がかかるのが勤務先に電話を入れて申し込んだ人が本当に在籍しているかを確認する在籍確認になりますが、勤務先が休業日の日は確認できなかったりして翌営業日まで審査結果が出ないということもありました。
しかし、今では社員証や給料明細など、申請した勤務先に所属していることを証明できる書類を提出できれば在籍確認が取れたものとするようにしてからは、土曜日や日曜日、祝日でも在籍確認がとれるようになりました。
また、金利の安さで比較する場合は、審査を厳しくして貸し倒れのリスクを防いでいる銀行などが提供しているカードローンの方が金利を抑えやすくなります。
消費者金融会社では、審査をあまり厳しくしていないので、貸し倒れの損失が発生したときに補填できるように、あまり金利を抑えることが出来ないのが実情になります。
カードローン審査甘いのは明確に比較できる?はこちら

— 2016年8月23日