カードローンの仮審査とは?

カードローンを申し込むと、まず仮審査によって借り入れができるかどうか、できるのであればいくらぐらいの金額を借り入れできるのかということをカードローン会社が判断します。

よくインターネットのサイトなどで仮審査1分、などとなっているのを見かけます。これは、最低限の情報のみで診断しているものになりますから、たとえ仮審査でいくらぐらい借りることができるという結果がでたとしても、本審査も必ずしもそのとおりになるというわけではありません。もちろん仮審査を通過した後提出書類などの確認の結果何らかの不備や相違などがあると借り入れができない、という場合もあります。

当たり前のことですが、仮審査を通過したいがために本当でない自分の情報を入力してしまう人もいます。これは結局すぐにわかってしまうことですし、逆に金融会社やローン会社からの信用を失ってしまうもとになるだけで、なんのメリットもありません。ですから、本当に借り入れしたいのであれば、いかなる時でも正直に入力しなければなりません。

銀行などのカードローンの仮審査、本審査は保証会社が担当する場合が多くなっています。保証会社は、いわゆる消費者金融といわれるところが多くなっています。この保証会社が貸し付けを認めることで、利用者は借り入れができるようになるのです。保証会社の保証を受けるという形になりますので、カードローンは保証人や担保が必要ないものがほとんどとなります。カードローンおすすめ

— 2016年7月21日